シンギングボウルセラピー

シンギングボウルとはチベットに伝わる伝統の仏教法具で、シンギングボウルが奏でる音の響きは、倍音と呼ばれ、一つの音の中で複数の音が振動・共鳴しています。


この倍音が体内のバランスを整え、弱まっている部分を活性化し、悪いエネルギーは浄化されます。そしてオーラ、チャクラ、肉体、全ての調和が整っていくのです。


ネパールのシンギングボウルはインド占星術に従い、七つの惑星に対応する金属で作られています。 七つの惑星とは、太陽(金)月(銀)水星(水銀)金星(銅)火星(鉄)木星(錫)土星(鉛)になります。


最近では機械で大量生産されているものも多いようですが、7メタルと言われる手作りのボールとはやはりその響き、癒しの効果には大きな差があります。


アメリカのミッチェル・ゲイナー医師は、癌予防やホスピスなどで。

テネシー州のパブティスト病院では、偏頭痛、腰痛、肩こり、高血圧、過敏性腸症候群などの補完治療として、シンギングボウルと詠唱による治療が行われていると言うことです。

スイスの科学者ハンス・イエーニー博士は、人体の細胞には独自の周波数特性があり、すべての臓器がその細胞の周波数と倍音の関係にあると言っています。

日本では1995年に文部省と京都大学が合同研究を行い、「高周波と低周波を豊富に含む音楽が、視床下部と脳幹の血流量を増大させる」という結果を、第4回神経科学国際大会で発表しました。

現在も慶応大学理工学部と東京大学病院 循環器内科の教授らが医学的な研究・分析を勧めているそうです。


シンギングボウルセラピーではクライアント様はマッサージを受けるように横になっているだけで、チャクラが浄化され、滞っていたブロックが解放されてエネルギーが流れ出すので、頭痛や肩こり、冷えなどが解消していきます。


倍音の影響で脳がアルファ派からシータ派を行ったり来たりするので、セラピー中に過去世を見たり、メッセージを受け取ったりすることも珍しくありません。


あまりの気持ちよさに、寝てしまう方がほとんど。


この心地良さを是非お試しください。

      アマナマナさんより動画をお借りしました。

湘南 あなたが輝く魔法の時間

あなたが本当に望んでいるものを現実にするセラピー

0コメント

  • 1000 / 1000