ヒプノセラピー(催眠療法)

「催眠」と呼ばれる変性意識状態を利用して潜在意識に働きかけ、心や体の悩みの元となっている起源にアプローチするセラピーです。


ヒプノセラピーには、催眠下で暗示を与えることで悩みの解消や自己改革を行う手法や、幼児・幼少期の記憶を思い起こして原因を探る「年齢退行療法」、前世の人生を体験して様々な気づきを得る「前世療法」などがあります。


催眠は1955年に英国医師会(British Medical Association)が有効な治療法として認めています。また、米国医師会(American Medical Association)も1958年に催眠を有効な治療法として認めています。米国心理学会(American Psychological Association)と米国歯科医師会もまた催眠を有効な治療法として認めています。


■ 前世療法...前世の人生を体験して様々な気づきを得る

催眠状態で前世に戻るように誘導することによって今の自分とは違う前世の人生を体験していきます。 そしてそこで、前世の人生の重要な場面や死の場面を体験し、その人生がどんな課題を持っていたのか、その人生が今の人生にどういう影響を与えているのかなどを探っていきます。多くの人がそこから様々な深い気づきを得て、様々な心理療法やこれまでの催眠療法のやり方ではどうにもならなかった症状が完全に回復した、大きく改善したというケースも数多く報告されています。 また、いくつかの前世での最期の場面を追体験することで、死に対する恐れが消え、人生に対する新しい理解が生まれることもあります。


■ 年齢退行療法(インナーチャイルド)...幼児・幼少期の記憶を思い起こして原因を探る

自分では何ともないと思っているにも拘らず、なぜか苦しくなってしまったり、心と身体が分離してしまったようになってどうしてよいのかわからなくなってしまうような場合があります。これは幼児・幼少期に植え込まれた思い込みや嫌な感情・感覚が潜在意識に残っており、それが何かのきっかけで顕在意識に上ってきたものと考えられます。そのために、潜在意識に残っている問題となっている幼児・幼少期の記憶を思い起こし、再体験するプロセスを通して、原因を探り、不要な思い込みや感情・感覚を解放していく方法が年齢退行療法です。理由の分からない不安や恐怖に駆られている、不定期にぶり返してくる嫌な感情がある、無意識の内にやるべきでないことをやってしまう、などの様々な悩み・問題に対処できる優れた方法です。


湘南 あなたが輝く魔法の時間

あなたが本当に望んでいるものを現実にするセラピー

0コメント

  • 1000 / 1000