プロセスモデル

悩みを持ったクライアントがカウンセラーのところに来た場合、たいていは悩みの詳細な内容やトラウマの原因となった出来事(コンテント)を話すところから始まります。


ニューコードNLPでは、 クライアントの過去の体験には触れずに、今ある状態に着目し、ガイドすることで、クライアントが自ら選択し解決する支援をします。


トラウマなどは、嫌な記憶であることがほとんどなので、カウンセラーとは言え、知らない人に話すことは勇気がいりますが、ニューコードNLPでは詳細を言いたくなければ言わなくても良いのです。

すなわち、クライアントのコンテントを把握する時間がかかりませんので、短時間で効果をあげることができるのです。

これをプロセスモデル(コンテントフリーモデル)といいます。


湘南 あなたが輝く魔法の時間

あなたが本当に望んでいるものを現実にするセラピー

0コメント

  • 1000 / 1000